さくら海老と小松菜の骨美人炒め

さくら海老と小松菜の骨美人炒め

美容素材

さくら海老・・・カルシュウム
小松菜・・・VA
卵・・・良質なたんぱく質

材料

4人分

  • 小松菜・・・ 1束 

    (さくら海老・・・15g    
    酒・・・大さじ1
    湯・・・大さじ2)  

  •     

  • きくらげ・・・20g   
  • 薄口しょうゆ・・・大さじ1   
  • 卵・・・2個   
  •   

  • 油・・・大さじ2

作り方

    さくら海老を分量の酒と湯に浸す

  1. さくら海老は、分量の酒と湯に浸ししばらく置く。ふっくらと戻す。
  2. きくらげは一口にちぎり、小松菜はざく切りにする。
  3. 卵を炒める

  4. 卵を溶き油少々で手早くふっくら卵にして取り出しておく。
  5. さくら海老ときくらげ、小松菜を炒める

  6. 油を熱しさくら海老ときくらげを炒め、香りが出たら小松菜を加えさっと炒め、醤油をたらす。仕上げる
  7. 仕上げに取り出しておいた卵を戻し加え混ぜる。好みでレモンを添えて、食べるとき搾りながらいただくとカルシュウムの吸収を助ける。

さくら海老と小松菜の骨美人炒め


監修者・ライター

徳永 睦子

徳永 睦子

料理研究家/フードプロデューサー/全日本料理学校協会特別師範/世界緑茶協会顧問/一般社団法人お茶結びプロジェクト理事長/有限会社フーディアムトクナガ代表

ページ上部へ戻る