ポリポリ・・日焼けをしたところがかゆい!原因や対処法を知りたい!

1日の終り・・ふと気がつくと日焼けをしたところが

かっ・・かゆい!

なんて経験をしたことがある方も多いはず。しかも一度ポリポリ掻き出したら止まらなくなっていませんか?

今回はどうして日焼けをした後にかゆくなってしまうのか、その原因や対処法を書いていきます。かゆくなっても慌てずに適切に対処することが大切ですよ。

日焼けをした後・・肌がかゆい!かゆい原因とは?

腕がかゆい人
日焼けをした後、肌がかゆくなってしまう原因は・・「肌のバリア機能の低下」です。本来、私達の肌にはバリア機能というものがあり、細菌、汚れ、紫外線、乾燥といったものから肌を守ってくれています。

しかし!日焼けをすると、肌の表面がパリパリ・・・と水分が失われ乾燥してしまいます。肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまい、かゆみや赤みといった肌トラブルが発生してしまうのです!

ちなみに皮膚の表面に悪影響があるのは、UVBと言われいます。

日焼けをした後のかゆみ・・4つの対処法とは?

日焼けをしたあと、かゆくなってしまった場合、絶対にかいてはいけません!かけばかくほど炎症が広がり、最悪の場合そこから細菌感染してしまう可能性があります。かゆくなってしまったときは適切な対処をして、かゆみをやわらげ、肌のバリア機能を回復させることが大切です!

①とにかく冷やす

かゆみを感じたら、その部分は炎症が起きている状態なので、すぐに冷やしましょう。冷やすことで、かゆみもやわらいでいきます。

このとき注意してほしいのが、保冷剤や氷水を使用するときは、直接肌に当てると低温火傷になってしまうので、必ずタオルやガーゼにくるんでから使うようにしましょう。
また長時間当て続けるのも低温火傷になる可能性があるので注意が必要です。

②長時間の入浴は避ける

日焼けをしてかゆみがあるときの入浴は、余計に乾燥を招くのでおすすめできません。シャワー浴がいいですが、湯船に入る場合は、38℃くらいのぬるま湯で長時間の入浴はしないでくださいね。

③保湿をする

炎症が起こしているということは、乾燥していて肌が刺激に弱い状態になっているということなので、「保湿」を徹底しましょう。

しかしこのとき使用する保湿剤、化粧水や乳液は、敏感肌の方でも使用できる低刺激のものや無添加のものを選んで塗るようにしてくださいね。

④水分補給をする

肌が日焼けをしているということは、肌の水分量だけでなく、体の中の水分量も減っているということ。そこで、こまめな水分補給を行いましょう。

体の内側から水分を補給することで、肌にもしっかり水分が行き渡ります。

⑤炎症が消えるまでメイクは控える

メイクは炎症が消えるまでは、なるべくなしないほうがいいでしょう。しかし次の日仕事でどうしても。。という方も多いハズ。

そんなときは、低刺激の成分の化粧品を使ったり、いつもよりも少なめの量で薄くメイクをしましょう。

日焼けをした後のかゆみは正しい対処法で解消!ひどい場合、悪化したときは病院を受診して

日差しを浴びる男性
日焼けをしたあとのかゆみの原因は、肌のバリア機能の低下ということがわかりましたね。多くの女性が経験していることなので、かゆみが発生しても慌てることはありません。正しい対処法で、しっかりとお肌のケアをしてあげてくださいね。

しかし、何日たってもかゆみが治まらない、逆に悪化しているという場合はすぐ病院を受診して医師の適切な治療を受けましょう!


関連コラム

  1. うっかり日焼けをしても大丈夫!正しい5つの対処法を伝授します!

  2. うっかり日焼けケアはその日のうちに!正しいケア方法でお肌を守る!

  3. シミは作らない!発生させない!72時間以内のシミ対策とは?

  4. 梅雨の時期こそ要注意! 6月の紫外線はこんなに多い!

    日差しの強い日だけが紫外線量が多いと思うのは勘違い。実は、曇りや雨の続く梅雨の時期の紫外線量ってかなり多いんです。

  5. 日焼け止めのSPFとPAの意味って?大人女子の紫外線対策!

  6. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

ページ上部へ戻る