日焼けがムラになってしまった!4つの原因や解消法、予防法を伝授します!

友人や仕事の仲間と1日楽しんだあと鏡をみてびっくり!日焼けがムラになってる・・!

なにこれ!恥ずかしい!なんて経験ありませんか?

見た目も最悪になってしまい女性として困りますよね。

そこで!今回は日焼けでムラが発生する4つの原因や解消法、さらにムラを作らない美容を守る予防法までたっぷり紹介していきます!

見栄え最悪!日焼けでムラができる4つの理由

日焼けして皮がむけている肩
鏡で見たときに、日焼けがムラになっていると格好悪いですね・・。日焼けはムラになりたくない!けどムラになってしまうのはなぜでしょうか?

①肌が乾燥している部分がある

肌に乾燥している部分があると、その部分はターンオーバーが正常に働いていないことがあります。
このターンオーバーは、皮膚を再生して肌をケアしてくれますが、ターンオーバーが乱れているとその部分の再生が遅れてしまいムラができてしまうのです。

②日焼け止めが塗れていなかった

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでもいても、塗れていない部分があるとその部分が紫外線を吸収して、日焼けしてしまい結果ムラができてしまうのです。とくに、適量を守れていない、塗り直しをしていない方はムラになりやすいので注意が必要です。

③衣服やアクセサリー

首元にアクセサリーをつけていたり、時計をつけていた、目の粗い服を着ていたなど、紫外線を通しやすい服で日焼けでムラになったり、アクセサリーをつけているとそこだけ日焼けしてムラになってしまうことに。

④必要以上に日焼けをしてしまった

炎天下の日差しの強い中にいると、必要以上に日焼けをしてしまうことも。必要以上に日焼けをすると、本来肌を守るために肌を黒くするために働くメラニン色素がうまく機能せず、日焼けがムラになってしまうことがあります。

ムラを治す方法はあるの?

日焼けでムラができてしまうと、見栄えが悪く恥ずかしい・・なんて思う方も多いはず。
日焼けのムラを治すためには、肌が焼ける前に回復させるしか方法がありません!ここでは、ムラを治すために、日焼けの肌を回復させる方法を書いておきます。

①日焼けした肌をしっかり冷やす

日焼けは肌が火傷している状態なので、冷やして炎症を取り除いてあげることが大切です。
このとき、アイスノンや氷水を使って冷やす方が多いですが、直接肌に当てると、低温火傷を引き起こす可能性があるので、必ずタオルやガーゼなどに巻いてから肌に当てるようにしましょう。

②保湿を徹底する

日焼けをしたあとの肌は水分が失われていて、乾燥していたり、細胞が破壊されています。そのため、肌をしっかり保湿して肌本来の機能を回復させなければなりません。
ここで保湿を怠ると、肌にハリがなくなりシワができる・・いわゆる老け顔になってしまうので、注意が必要です!

このとき使用する保湿剤は敏感肌の方でも使える低刺激なものや、無添加のものを使ってくださいね。

③規則正しい生活を送る

規則正しい生活を送るということは、肌のターンオーバーを整え肌をいつもの状態に戻す作用が早く働き、ムラの解消にも繋がります。
十分な睡眠をとる、食事でビタミンCやビタミンEなどを積極的に摂取するなど、意識してみてくださいね。

日焼けでムラを作らないための秘訣とは?

砂浜に座る子供
日焼けでムラを作らないためには、事前に予防することがとても大切です!その予防方法はたったの2つ!ぜひ今から実践しましょう。

①こまめな塗り直し

日焼け止めはせっかく塗っても、皮脂や汗で流れてしまっています。そのため、2~3時間ごとの塗り直しが必要になります。
この塗り直しをしないと、日焼け止めが流れてしまった部分とまだ残っている部分と日焼けのムラができてしまいます。

②適量を守る

日焼け止めは顔なら500円玉の量が必要というのは知っていますか?この適量を塗らないと、日焼け止めの効果を得ることができません!
意外に多いと感じる方も多いでしょう。しかし、この適量をしっかり塗らないと日焼けのムラに繋がるので、適量をしっかり塗ってください。

日焼けのムラは迅速なケアで予防しよう

日焼けのムラは見栄えも悪く、大人女子なのに恥ずかしいなんてことに。もしムラができてしまったら肌をもとに戻すことを優先して、冷やす、保湿を徹底しましょう。またムラを予防するには、日焼け止めの適量を守り、こまめな塗り直しを忘れずに!


関連コラム

  1. 「光老化」ってなに?夏老けしないための正しい6つの紫外線対策とは?

  2. 紫外線対策、ちゃんとしないとどうなる?4つの恐怖

  3. 日焼け止めを塗るベストタイミング!知って日焼け対策に差を付ける!

  4. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

  5. その日焼け止め、あなたに合ってる? 今年のトレンドは【肌質を問わない】日焼け止め!

    暖かくなり、薄着の季節になってくるとやっぱり紫外線が気になってきますよね。日焼け止めの種類と効果のほか、今年話題の日焼け止めについてもご紹介します。

  6. シミ・シワ、毛穴の開き・・・日焼け後のエイジングケアのポイントとは!

ページ上部へ戻る