日焼け止めはニキビの原因になる?ニキビと日焼け止めの関係を徹底解説

ニキビが出来ている肌には、日焼け止めを塗っていいのか?どんな日焼け止めを塗ればいいのか?そもそも、日焼け止めを塗ることがニキビを作る原因になっているのではないか?

ニキビに悩む方には、こんな疑問を感じている方が多いようです。疑問だらけの日焼け止めとニキビの関係!こちらでは、そんな疑問を解決するべく、日焼け止めとニキビについて徹底解説していきましょう。

紫外線はニキビにもダメージを与えます!

顔をさわる女性
紫外線がお肌に与えるダメージと言うと、一番にはやはり光老化を思い浮かべるかもしれません。実際に、肌の老化の80%はこの紫外線による光老化です。波長が長いUV-A(紫外線A波)は、肌の真皮にまで到達し、ハリの元となるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与えます。そして、シワやたるみなどの肌老化の原因となります。

一方、UV-B(紫外線B波)は波長が短いもののエネルギーは強く、肌を赤くしたり日焼け(サンバーン)を起こしたりして、シミや皮膚ガンの原因となります。

いつまでも若々しい肌を保つためには、紫外線から肌を守ることが必要不可欠です。そして、紫外線がお肌に与えるダメージは、このような光老化だけではありません。

紫外線を浴びることで肌の水分が奪われ、バリア機能を低下させて肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。ターンオーバーが乱れると、肌荒れやくすみなど様々な悪影響が生じます。

そして、紫外線はニキビにもダメージを与えます。紫外線がニキビに当たると、ニキビの中にある皮脂が酸化し、過酸化物質が作られてしまいます。これにより毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが悪化してしまう原因になるのです。

また、ターンオーバーが乱れることでニキビが治りにくくなり、ニキビ跡が肌に残りやすくなってしまいます。ニキビが出来ていたら、なるべく紫外線を浴びないように注意し、日焼け止めなどで肌を守ることが大切なのです。

また、紫外線により肌が乾燥すると、肌は自ら保湿しようとして皮脂を分泌します。過剰に皮脂が分泌されると毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖してニキビの原因となる場合もあります。

ニキビが出来るのはなぜ?

日焼け止めとニキビの関係についてお話する前に、そもそもどうしてニキビが出来るのかについて説明しておきましょう。ニキビとは、顔なら額、頬、顎などに、体なら胸元や背中に出来る赤い発疹のこと。ニキビが出来る大きな原因は、毛穴が詰まること、皮脂の過剰分泌、アクネ菌の繁殖の3つが挙げられます。

食生活、ストレス、睡眠不足、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどにより、皮脂が過剰に分泌されると肌のターンオーバーが乱れて毛穴の角質が分厚くなり、毛穴が詰まってしまいます。そうなると、皮脂を栄養源としているアクネ菌が繁殖しやすくなり、肌が炎症を起こしてニキビが出来てしまうのです。

思春期にニキビが出来やすいのは、「アンドロゲン」という皮脂分泌を高める男性ホルモンが増加するから。しかし、ニキビは思春期だけのものではなく、大人の肌にも出来るものです。特に20代後半以降は、ストレスや肌の乾燥、睡眠不足の影響で肌のターンオーバーが乱れることが原因の大人ニキビが出来ることが多くなります。また、生理周期により黄体ホルモンの分泌が多くなる生理前にも大人ニキビが出来やすくなります。

そして、紫外線により肌が乾燥することも、ニキビの原因の一つ。一度出来てしまったら、なかなかニキビは治りにくいもの。ニキビが出来てしまう前に肌のケアをしっかり行うようにしたいですね。

ニキビの種類

ニキビは、出来る年代によって『思春期ニキビ』と『大人ニキビ』に大きく分けることができます。思春期ニキビはTゾーンと呼ばれる額や鼻などの皮脂分泌が多い場所に出来やすく、大人ニキビはUゾーンと呼ばれる頬や顎に出来やすいのが特徴です。また、ニキビは症状によって4タイプに分けることができます。症状別に大きくわけると、炎症のないニキビ、炎症を起こしているニキビの2タイプになります。

炎症のないニキビ

〇白ニキビ
皮脂が溜まって毛穴が詰まった状態で盛り上がっているニキビの初期段階。白くポツっとしたニキビです。

〇黒ニキビ
白ニキビの毛穴が開いて、皮脂や汚れが酸化して黒く見える状態。シミやホクロのようにも見えるニキビです。

炎症を起こしているニキビ

〇赤ニキビ
白ニキビが悪化して炎症を起こし、赤く晴れ上がった状態のニキビです。

〇膿ニキビ
赤ニキビの炎症がさらに悪化し、黄色い膿が出ている状態のニキビです。

炎症のない初期段階の白ニキビの状態で治すのが大切ですが、悪化していくと膿が出るほどひどくなる場合もあります。赤ニキビ、膿ニキビは皮膚科できちんと治療しないと跡に残ってしまう恐れも。白ニキビの段階で自分でケアするのが難しいと感じたら、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

日焼け止めはニキビの原因になる?

ニキビ
紫外線によるニキビへのダメージと、ニキビが出来る原因についてお話したところで、次に日焼け止めがニキビの原因になるのかどうか、お話していきましょう。ニキビができる大きな原因は、毛穴が詰まること、皮脂の過剰分泌、アクネ菌の繁殖の3つが挙げられると説明致しました。日焼け止めを肌に塗ることは、この3つの原因に関わるのでしょうか?

日焼け止めを塗ること自体には、アクネ菌を繁殖させることにはなりませんので、毛穴を詰まらせるかどうか、皮脂を過剰分泌させるかどうかということになります。

しかし、日焼け止めを肌に塗ることで毛穴が詰まってしまったり、皮脂を過剰分泌させることはあまりないと思われます。ほとんどの日焼け止めには、肌を乾燥から守るための保湿成分が配合されていますので、乾燥により皮脂が過剰に分泌される心配はないでしょう。

しかし、日焼け止めを塗った後に長時間落とさずにいた場合や、専用クレンジングで落とさないといけない日焼け止めなのに洗顔料だけで洗って終わりにした場合は要注意。肌に残った日焼け止めに皮脂や汚れ、ホコリなどが付着して酸化し、それが毛穴を詰まらせてニキビの原因になってしまう場合があります。

日焼け止めに限らず、ファンデーションなどのメイクアイテムを長時間肌に付けっ放しにするのも同様です。日焼け止めやファンデーションを肌に付けたら、長時間そのままにしないように、正しい方法できちんと落とすように気をつけて下さい。また、その後のスキンケアでは刺激のない化粧品で優しく肌を保湿しましょう。

ニキビに日焼け止めを塗って大丈夫?

日焼け止めを塗ることは、直接ニキビを作る原因にはならないでしょう。それでは、すでに出来てしまったニキビに日焼け止めを塗るのはどうなのでしょうか?ニキビが悪化する原因になるのでしょうか?それは、出来てしまっているニキビの状態にもよります。

炎症を起こしている状態の赤ニキビや、ニキビがじゅくじゅくと膿んでいるような状態の膿ニキビの場合は、日焼け止めに関わらずスキンケアやメイク化粧品など一切付けずに皮膚科を受診することをおすすめ致します。

そういった酷い状態ではない、割と乾燥した状態の白ニキビや黒ニキビの場合は、日焼け止めを塗って紫外線から肌を守り、ニキビが悪化するのを防いだほうが良いでしょう。

日焼け止めに含まれている紫外線防止成分には、肌の上で化学反応を起こして紫外線の侵入を防ぐ紫外線吸収剤と、肌の上で光を跳ね返すことで紫外線の侵入を防ぐ紫外線散乱剤の2種類があります。どちらがより肌への刺激が少ないかというと、紫外線散乱剤の方です。

ニキビが出来ている時には、肌に刺激の少ない日焼け止めを使った方が良いので紫外線散乱剤配合の日焼け止めを選ぶようにしましょう。紫外線散乱剤配合の日焼け止めは、紫外線散乱剤配合の日焼け止めと比べて伸びが良くなかったり、白浮きしてしまう特徴がありますが、現在はそういった使いにくさが改良された製品が多く販売されています。

日焼け止めの形状としては、日焼け止めクリーム、日焼け止め乳液が多いようです。紫外線散乱剤配合の日焼け止めを選ぶと同時に、敏感肌の方でも使える肌に優しい処方の日焼け止めにも注目してみるのもおすすめです。セラミドなど肌のバリア機能をサポートし、保湿してくれる美肌成分入りの日焼け止めなど、様々な種類が販売されています。

ノンコメドジェニックの日焼け止めを選ぶ

サンダルとサングラスと日焼け止め
多くの化粧品には油分が含まれていますが、その油分がニキビを悪化させたり、ニキビの原因となったりする場合があります。毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態はコメドと呼ばれ、アクネ菌の餌となり、ニキビの原因となります。このコメドが出来やすい油分を使わずに作られた化粧品を、ノンコメドジェニックと言います。

化粧水、クリーム、美容液などのスキンケア化粧品や、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどのメイク化粧品、そして日焼け止めにもノンコメドジェニックがあります。

ノンコメドジェニックには、油分が全く含まれていないオイルフリーのものもあれば、コメドが出来にくい油分のみ配合されているものもあります。オイルフリーだと保湿力が足りないと感じる場合もあるかもしれませんので、できれば実際に肌に塗ってみて使用感を確認してから購入すると良いですね。

ノンコメドジェニックの化粧品は、ニキビが出来る原因の一つ、毛穴を詰まらせるコメドを予防するもの。出来てしまったニキビがノンコメドジェニックの化粧品で治るわけではありませんので、そこは勘違いのないようにして下さい。

また、ノンコメドジェニックの化粧品を選ぶ基準の一つとして、ノンコメドジェニックテスト済みかどうかを確認するのも良いでしょう。これは、化粧品の原料をチェックして、コメドが出来にくいという証明をするための試験です。パッケージに「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されている製品を選ぶと安心ですね。

ニキビが出来ている時の日焼け止めの塗り方

ニキビが出来ている時には、紫外線散乱剤配合の肌に優しい日焼け止めや、敏感肌用の日焼け止め、そしてノンコメドジェニックの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。しかし、そういった日焼け止めを選んだとしても塗り方によってはニキビを刺激して悪化させてしまう恐れもあります。ニキビか出来ている時は、いつも以上に肌に優しく刺激を与えないようにすることが大切です。

まず、日焼け止めを塗る前には手を除菌成分配合のソープでしっかりと洗いましょう。雑菌が付いた手でニキビを触ると、ニキビを悪化させる原因になります。初期段階の白ニキビが雑菌により炎症を起こして、赤ニキビ、膿ニキビへと進行していってしまうかもしれません。手をよく洗った後は清潔なタオルで水分を拭き取ります。これは、スキンケアやメイクをする前にもぜひ徹底して行うようにして下さい。

手を清潔にしたら、手の甲に日焼け止めを出し、反対の手の薬指で適量を取って肌に優しくなじませていきます。薬指を使うのは一番力が入りにくい指なので、肌に優しく日焼け止めを塗ることができるからです。ニキビの上に塗る時は、擦らないように優しく日焼け止めを乗せるようにしましょう。付けすぎてしまっても、ゴシゴシと伸ばすのはNG!清潔なコットンで余分な日焼け止めを優しく取り除いて下さい。日焼け止めの上からファンデーションを塗る場合は、スポンジやパフは洗い立ての清潔なものを使って下さい。一度でも使ったものには雑菌が付いていると思っておいたほうがいいでしょう。肌に刺激となるものは極力排除していくことがポイントです。

日焼け止めとニキビの関係について、詳しくお話致しました。紫外線は出来てしまったニキビを悪化させる原因の一つ。ニキビが出来ている時は尚更、正しい方法で、刺激のない日焼け止めを塗って肌を守ることが大切です。日焼け止めを塗ることは直接ニキビを作る原因にはなりませんが、日焼け止めが肌に残ったままにしておくと肌に悪影響を及ぼします。塗った日焼け止めはしっかり落とし、優しくスキンケアをすることも忘れないようにしましょう。 

飯塚美香

記事執筆・監修

美容家・キレイナビ代表

飯塚 美香

ビューティーアドバイザーとして、幅広く活躍する美肌の専門家。美容薬学、薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。「WHITE VEIL」商品プロデューサー。


ページ上部へ戻る