【今さら聞けないスキンケア用語】SPFとPAって何?

spfpa_1
日焼け止めや化粧下地を買うとき、商品のパッケージを見ながら「ふ~ん、SPFが30か。そしてPAが+++? もっと高い数値が欲しいよね~」なんて思ったりしてませんか? このSPFやPA、実際はどんなものかと聞かれると答えに詰まってしまいます。今さら人に聞けないSPFとPAについて解説します。

SPFって何?

spfpa_2
SPFは、「Sun Protection Factor」の略。紫外線防御指数、という意味です。サンバーンによるシミやソバカスを引き起こすUV-B(UVについてくわしくはコチラ)を、どのくらい防げるかを表す指標です。紫外線を浴びた後に皮膚に赤い斑点(=紅斑)ができるまでの時間を、何倍に長く出来るかを表したものです。
例えば、SPF30の日焼け止めを使用した場合、紅斑が現れる時間を30倍遅らせることができます。一般的に、紫外線を浴びてから紅斑が現れるまで20~25分かかるといわれていますので、SPF30の日焼け止めを使うと600分(10時間)~750分(12時間半)、日焼けを遅らせることができる、ということです。
「SPF50のほうがSPF30よりも紫外線を防御できる!」というのは間違いで、紫外線を防御する「強さ」ではなく「時間」であることを覚えておきましょう。

PAって何?

spfpa_3
一方のPAですが、こちらは「Protection grade of UVA」の略。UV-A防御指数、という意味です。こちらはサンタンによるシワやたるみを引き起こすUV-Aをどのくらい防げるのかを表す指標です。「+(プラス)」の数によって表され、数の多さがUV-Aに対する効果の高さを表します。指標は4段階あり、PA+は「効果がある」、PA++は「かなり効果がある」、PA+++は「非常に効果がある」、PA++++は「極めて高い効果がある」という意味です。
地球に降り注ぐ95%がUV-Aであり、UV-Bよりも肌の奥まで入り込んでシワやたるみの原因となります。シワやたるみが気になる方はぜひ、日焼け止めを選ぶ際にこのPAの表示に注意するようにしてください。

SPFとPAの使い分け

spfpa_4
日焼け止めは、一度塗ったら同じ効果が1日中持続する訳ではありません。日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が含まれており、肌にあわない方もいます。強い日差しの中にいるときや長時間外出するときなどは高い数値の日焼け止めがおすすめですが、日常使いの場合は低めの数値の日焼け止めを何度か塗り直すようにすると、肌に負担がありません。また、日焼け止めにはさまざまなタイプがありますので、自分にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう(日焼け止めのタイプについてくわしくはコチラ)。

↓肌に負担を与えない! ストレスフリーの日焼け止めサプリはコチラ↓


関連コラム

  1. シミ・しわ・たるみ。原因は年齢のせいだと諦めていませんか?

    年間を通じて降りそそぐ紫外線。シミ・しわ・たるみの原因は、加齢のせいではなくその8割は紫外線による「光老化」現象だと言われています。

  2. その日焼け止め、あなたに合ってる? 今年のトレンドは【肌質を問わない】日焼け止め!

    暖かくなり、薄着の季節になってくるとやっぱり紫外線が気になってきますよね。日焼け止めの種類と効果のほか、今年話題の日焼け止めについてもご紹介します。

  3. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

  4. 梅雨の時期こそ要注意! 6月の紫外線はこんなに多い!

    日差しの強い日だけが紫外線量が多いと思うのは勘違い。実は、曇りや雨の続く梅雨の時期の紫外線量ってかなり多いんです。

  5. 今年いちばん注目のUV対策成分! NutroxSun(R)とは?

    今年は新しいタイプの日焼け止めがたくさん出ています。中でも注目なのは“飲む”日焼け止め。話題の成分NutroxSun(R)について調べてみました。

  6. 今年はぜったい焼かない! そのためには?

    そろそろ紫外線量が増える時期。「今年はぜったい焼かない! 美白命!」と決意している方、まずはしっかり「日焼け」について知るところから始めましょう。

ページ上部へ戻る