リラックス&安眠に効果的なアロマとは?

aroma1
体は、さまざまな過程を経て眠りにつきますが、自律神経のバランスもそのひとつ。心をリラックスさせて眠りにいざなうために、アロマがおすすめです。鎮静作用のあるアロマについて、ご紹介します。

安眠のカギは「副交感神経」?

aroma2
ストレスや生活習慣、運動不足などで「夜になっても眠くならない」「寝ても何度も起きてしまう」などで悩んでいる方が増えています。5人に1人は睡眠トラブルを抱えているといわれています。

体は、さまざまな過程を経て眠りにつきますが、自律神経のバランスもそのひとつ。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、交互に優位になることによって人は生活しています。
体が起きて活動しているときは交感神経が優位になり、休息やリラックス、疲労回復をしているときは副交感神経が優位になります。

この副交感神経が優位になると安眠できるのですが、イライラやストレスなどで交感神経が優位になっていると、なかなかスムーズに眠りが訪れません。

休息サプリメントを利用するのがおすすめですが、心をゆったりリラックスさせるにはアロマもおすすめです。

おすすめのアロマ

aroma3
アロマの種類はとても豊富です。中でも快眠におすすめなアロマを紹介します。

●ラベンダー
ストレスをやわらげ、安眠に誘う効果があります。甘く、安らぐ香り。
●カモミール
不眠に効果があるとして知られています。不安や緊張、怒りなどを鎮静させます。青リンゴに似た、さわやかな香り。
●スイートオレンジ
落ち込んだ気持ちをリラックスさせます。爽やかな柑橘の香りが緊張をほぐします。
●ゼラニウム
不安や鬱をやわらげ、心のバランスを保ちます。バラのような甘い香りにほのかなミントを感じます。
●ネロリ
不安やストレスを軽減させ、平和な気持ちにします。オレンジの花から抽出していて、甘くやさしい香り。
●サンダルウッド
心を開放し、瞑想的な雰囲気に導きます。セクシーで甘い、オリエンタルな香り。

アロマの効果的な使い方

aroma4
アロマにはさまざまな使用方法があります。おすすめ使用方法をご紹介しますので参考にしてください。

●アロマポット
ろうそくで精油を熱し、香りを拡散させます。
●アロマライト(アロマランプ)
電球の熱で精油を温めて香りを拡散させます。
●ディフューザー
電気で精油をミスト状にして拡散させます。香りを広げる力が強めです。

●アロマバス
お風呂に精油を1〜5滴ほどたらして、よくかき混ぜてから入ります。
●アロマトリートメント
精油をキャリアオイル(ベースとなるオイル)で希釈し、体をマッサージします。

↓心安らぐ休息サプリは↓
cs_banner


関連コラム

  1. 理想の睡眠時間は何時間??

    一日の最低睡眠時間は?何時間睡眠が良いの?私の睡眠足りているのかしら?と不安をお感じの方へ

  2. 短い睡眠時間で平気なショートスリーパー 遺伝子が関係してる?

    日本人の平均睡眠時間は7時間14分です(2010年NHK「国民生活時間調査」)。

  3. 痩せない理由はまさかの睡眠不足?

    1日の活動時間が長いと、消費エネルギーが多いために痩せるのでは? と思われますが、実は反対。

  4. 梅雨は「睡眠の質」が下がる? 質の向上に必要な対策方法5つ

    じっとりとした”湿気”に悩まされるこれからの時期、睡眠の悩みを感じる方が増えてきます。高温多湿の日本で、快適な睡眠を得るためにポイントになるのが、「湿度を上手にコントロールする事」です。

ページ上部へ戻る