シミ・しわ・たるみ。原因は年齢のせいだと諦めていませんか?

kouroka-1
年間を通じて降りそそぐ紫外線。わずか数分間だけであっても、紫外線を浴びると肌はダメージを受けます。紫外線を長期間に渡って浴びることで、シミ、しわ、たるみなどを引き起こします。これを「光老化」といい、肌の老化の8割は、この光老化によるものといわれています。

加齢による自然老化と光老化の違い

自分の体の中で日光に当たらない部分、例えばお尻や太腿の内側と顔の皮膚を比べてみると、顔の方がシミやしわが目立っていませんか?これこそが、紫外線が肌の老化に深く関係している証拠であり「光老化現象」なのです。光老化は、加齢による自然老化とはしわの形状も違ってきます。
koroka-3
自然老化によりできるしわは、小さなちりめん状のしわですが、光老化によるしわは深く大きなしわになります。また、皮膚の厚さや色が薄くなっていく自然老化に比べ、光老化では皮膚は厚くゴワゴワになり、色も濃くなります。これは真皮がダメージをうけて弾性繊維(エラスチン)が機能しなくなり、皮膚が弾力やハリを失ってしまうからです。
「しわができるのは年齢のせい・・・」とあきらめず、まず紫外線から肌をしっかり守ってあげましょう。

光老化のメカニズム

koroka-6
紫外線を浴びることで活性酸素が生じます。活性酸素は体を酸化(=サビること)させ、老化や様々な病気を発生させる原因となります。(紫外線の種類についてくわしくはコチラ)肌の場合は潤いやハリを奪われ、シミやしわの元となります。また、皮膚がんを引き起こす危険性もあるのです。
kosanka-5
私たちの体には本来「抗酸化システム」が備わっており、酸化の原因になる活性酸素を除去してくれます。しかし、この機能も加齢とともにだんだん低下していきます。
抗酸化作用をアップさせる為に、ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類や、ポリフェノール、カテキンが含まれた食品を意識的に摂取することもおすすめです。

日々、光老化の危険性は高まっている!?

koroka-4
宇宙から降り注ぐ紫外線から私たちを守ってくれているのが、地球の大気を覆っているオゾン層です。しかし、このオゾン層の破壊が年々進み、UNEP(国連環境計画)は、「オゾン層破壊が10%進むと皮膚ガンは26%増加する」と警告を出しています。
だからこそ、紫外線対策はこれまで以上に重要な課題となっているのです。

↓抗酸化成分もたっぷり配合!光老化を防ぐには↓


関連コラム

  1. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

  2. 梅雨の時期こそ要注意! 6月の紫外線はこんなに多い!

    日差しの強い日だけが紫外線量が多いと思うのは勘違い。実は、曇りや雨の続く梅雨の時期の紫外線量ってかなり多いんです。

  3. 今年はぜったい焼かない! そのためには?

    そろそろ紫外線量が増える時期。「今年はぜったい焼かない! 美白命!」と決意している方、まずはしっかり「日焼け」について知るところから始めましょう。

  4. その日焼け止め、あなたに合ってる? 今年のトレンドは【肌質を問わない】日焼け止め!

    暖かくなり、薄着の季節になってくるとやっぱり紫外線が気になってきますよね。日焼け止めの種類と効果のほか、今年話題の日焼け止めについてもご紹介します。

  5. 今年いちばん注目のUV対策成分! NutroxSun(R)とは?

    今年は新しいタイプの日焼け止めがたくさん出ています。中でも注目なのは“飲む”日焼け止め。話題の成分NutroxSun(R)について調べてみました。

  6. 【今さら聞けないスキンケア用語】SPFとPAって何?

    日焼け止めに表示されているSPFやPA、実際はどんなものかと聞かれると答えに詰まってしまいます。今さら人に聞けないSPFとPAについて解説します。

ページ上部へ戻る