今年いちばん注目のUV対策成分! NutroxSun(R)とは?

nutroxsun_1
今年は新しいタイプの日焼け止めがたくさん出ています。中でも注目なのは“飲む”日焼け止め。話題の成分NutroxSun(R)について調べてみました。

今年は日焼け止めが充実してる! あなたはどれを選ぶ?

nutroxsun_3
今年は新しいタイプの日焼け止めがたくさん出ています。これまでは白くならないジェルタイプや、肌への負担が軽いタイプ、保湿力のあるものなどが主流でしたが、今年はバラエティに富んだものが多いようです。
例えば、虫よけ成分配合タイプ。虫よけスプレーをしてから日焼け止めを塗って…という手間を省いてくれるのがうれしいですね。
次に、汗を乾かす成分配合タイプ。こちらは汗を乾かすパウダーが配合されていて、汗をかいてもサラサラ肌をキープすることができます。
ほかには、大気汚染などをケアする日焼け止めも発売されていて、使用感だけでなく「+α」の要素が求められてきています。

今年最も注目なのは“飲む”日焼け止め!

nutroxsun_4
さまざまな日焼け止めの中でも、今年とくに注目なのは、“飲む”日焼け止めです。サプリメントタイプで、1日1回飲むだけで体の内側からUV対策をおこなってくれるという手軽さが人気です。汗で流れることもなく、何度も塗りなおす必要がありません。
もともとは紫外線耐性が弱い欧米人用に開発されたもので、海外では一般的に愛用されているようです。
今年はさまざまな“飲む”日焼け止めが発売されていますが、主成分はそれぞれ異なります。今回は、話題の成分NutroxSun(R)について調べてみました。

老化を促進する活性酸素からフリーに! NutroxSun(R)

nutroxsun_5
NutroxSun(R)は、シトラス果実(グレープフルーツ)とローズマリー葉エキスから抽出された成分で、複数の天然ポリフェノールを含有しています。紫外線を浴びることによって発生する活性酸素のコントロールをおこなうと同時に、抗炎症作用で日焼けによるシミや肌老化から肌をケアします。
スペインの大学で開発された成分ですが、臨床試験データでは16~60歳の被験者にNutroxSun(R)を1日250mg摂取してもらい、紫外線照射実験をおこなったところ、1日目に比べ85日目には紫外線防御作用が約60%上がったと結果が出ています。

肌の老化の8割は紫外線による光老化といわれています。アメリカ皮膚科学会(ADD)のガイドラインでは、皮膚科医が認める有効なアンチエイジング方法は日焼け止めと保湿である、としています。
若々しい肌をキープするためには、通年のUV対策が必要となってきます。毎日のことなので、ストレスを感じない手軽なケア方法として、“飲む”日焼け止めがおすすめです。

↓話題の成分NutroxSun(R)が配合された“飲む”日焼け止めサプリ↓


関連コラム

  1. 梅雨の時期こそ要注意! 6月の紫外線はこんなに多い!

    日差しの強い日だけが紫外線量が多いと思うのは勘違い。実は、曇りや雨の続く梅雨の時期の紫外線量ってかなり多いんです。

  2. 今年はぜったい焼かない! そのためには?

    そろそろ紫外線量が増える時期。「今年はぜったい焼かない! 美白命!」と決意している方、まずはしっかり「日焼け」について知るところから始めましょう。

  3. 「日陰にいたら焼けない」はウソ? 【うっかり日焼け】を防ぐコツ

    「日傘を差したりUV対策してるのに、なぜかうっすら焼けてるんですけど…」「突然シミが顔に…! 昨日はなかったハズ…」こんな経験、ありませんか? 実はUV対策をしているようで「うっかり日焼け」をしてしまっているなんてことがあるのです。うっかり日焼けを防ぐコツは?

  4. 【今さら聞けないスキンケア用語】SPFとPAって何?

    日焼け止めに表示されているSPFやPA、実際はどんなものかと聞かれると答えに詰まってしまいます。今さら人に聞けないSPFとPAについて解説します。

  5. シミ・しわ・たるみ。原因は年齢のせいだと諦めていませんか?

    年間を通じて降りそそぐ紫外線。シミ・しわ・たるみの原因は、加齢のせいではなくその8割は紫外線による「光老化」現象だと言われています。

  6. その日焼け止め、あなたに合ってる? 今年のトレンドは【肌質を問わない】日焼け止め!

    暖かくなり、薄着の季節になってくるとやっぱり紫外線が気になってきますよね。日焼け止めの種類と効果のほか、今年話題の日焼け止めについてもご紹介します。

ページ上部へ戻る